修験道の呪い

この呪術は修験道の呪いで極めて簡単に敵を呪うことができます。ただし敵に何が起こるかはわからないとれています。だいたいあなたがこうあって欲しいとい状況になりますが、想定外の結果になることもあります。

いずれにしての何らかの形で敵に不吉なことが起きて再起不能の打撃が加わることになります。

東西問わず黒魔術や呪いはいかなる種類のものであれ必ず敵を殺す力を秘めていますので実行は深慮が必要です。

用意するもの

1.半紙

2.筆と墨汁

3.栲(ぬるで)の木の枝
*栲(ぬるで)は山に行けばいくらでも生えているので取りに行ってください。

4.ナイフ

やり方

半紙に円を描き円の中心に敵の名前を書いてください。

栲の枝の先端をナイフで削り尖らせます。

合掌しながら次の真言を21回唱えてください。

—————————————————————
ナウマク サマンダ ボザナン オン マリシェイ ソワカ
—————————————————————

呪文を唱え終わると

満身の力を込めて尖らせた栲の枝の先端で敵の名前を突きまくります。もちろん敵に対する憎悪、恨み、悪感情、無慈悲、冷酷非情、敵意といったネガティブな感情を極限まで高めながらです。敵の対して僅かたりとも情けをかけたりすることは絶対のご法度です。

さらにもう一度さきほどの呪文を21回唱えとどめを刺します。

—————————————————————
ナウマク サマンダ ボザナン オン マリシェイ ソワカ
—————————————————————

呪文を唱え終えたら半紙を燃やして灰にしてください。灰に糞などの汚物を混ぜて薄汚い寂しい場所に捨ててきます。

この呪術を敵に衰退の兆しが見えるまで毎日繰り返し行ってください。

(厳重注意)
この呪術は絶対に人に見られてはいけませんし、人に話してもいけません。この呪術に限らず一部の例外をのぞいて呪いや黒魔術は人に見られてはならない・人に話してはならないのが絶対原則です。万一これを破るとわが身に災いが降りかかることになりますのでくれぐれも注意してください。

東洋の呪い一覧

呪いを払う