人形を使った呪い

相手に見立てた人形に危害を加えれば本人に危害を加えることと一緒であるという考え方は東洋も西洋も同じです。

この呪いは確実な効果があるので是非とも実践してみてください。

用意するもの

1.人形

板や厚紙を人型に切り抜いたものでもよい

2.人形を縛り付ける丈夫な紐

3.墨汁と筆

4.釘

やり方

夜であれば何時でもいいのですが、やはり午前2時くらいがベストでしょう。

呪うべき敵の名前と生年月日を人形に筆で書きます。そしてその人形が敵そのものであると強くイメージしてください。

人形を紐で縛り付けます。もちろん強い憎悪を持って。

死ねとか地獄に落ちろとか何でもいいので敵を罵る言葉を唱えながら、人形の心臓、頭部、局部を中心に滅多刺しにしてください。

もうありったけの呪詛を吐きながら刺して刺して刺しまくってください。

この呪いの儀式を敵が死ぬまで続けます。

東洋の呪い一覧

呪いを払う