黒魔術の書 >レメゲトン >パイモン

名前

9.パイモン PAIMON

ゲイティアの原文

9番目の悪魔はルシファーの僕パイモンです。

ひとこぶ駱駝に乗って貴重な宝石をちりばめた人間の姿で現れます。その前にはあらゆる楽器をもった僕たちが控えています。

パイモンはあらゆる秘密を知り、この世あの世、有形無形の全てのことを教えてくれます。また威厳を与え使い魔を与えてくれます。

200の軍団を率います。軍団は悪魔だけでなく天使も含まれています。

使い道

相手を意のままに操ることが出来る

如何なる人間でも屈服させることができる

また意のままにならない異性を意のままに操ることが出来る

あなたが知りたいこと全てを教えてくれる

以下知識のある人だけ参考にしてください

方位 東

星座 日中の双子座20°〜30°

元素 地

惑星 金星

天使 アナエル

色 黒

魔術

→悪魔の紋章←

月が満ちていく期間(新月から満月に向かう時)の火曜日か土曜日の夜にこの儀式を行います。

キャンドル3本を三角形に配置してその真ん中に香炉を置きインセンスを焚きます。キャンドルは普通の白いやつでよく、インセンスも普通のサンダルウッドあたりでいいです。

------------

(図)

  ●

●   ●

●=キャンドル

------------

悪魔パイモンの紋章の裏面に敵の生年月日と名前を書き、また目的(死ねとか…)を書きます。

キャンドルの真ん中にある香炉の手前に悪魔の紋章を置いて、ゲーティア本文にある悪魔をイメージします。

で、悪魔が三角形の中にいるところをイメージして、あなたの願いを悪魔に伝えてください。

この悪魔は同性、異性を問わず相手を支配して意のままに操るために使いますので、今まで冷たくあしらわれていた異性や傲慢不遜のクソ野郎などが、自分にこびへつらい奴隷のごとく服従している様子を強くイメージしてください。

この儀式が終わったら、紋章を黒い布袋に入れます。

この悪魔の呪われた紋章を可能な限り敵の近くに置くようにします。例えば会社の上司であれば、机の中にこっそり入れておいたりします。



レメゲトンTOPへ
黒魔術の書TOPへ
(C)黒魔術の書