黒魔術の書 >レメゲトン >クロセル

名前

49.クロセル CROCELL

ゲイティアの原文

49番目の悪魔はクロセルで、天使の姿で現れます。

隠された秘密を語ることができ、命令すれば大洪水を起こすことができます。

48の悪魔の軍団を率いています。

使い道

敵を優柔不断にして腑抜けのような人間にすることが出来ます。また混乱や精神錯乱を引き起こすことも出来ます。

つまり敵に再起不能の精神的打撃を与え二度と立ち上がれないようにするためにこの悪魔を使います。

以下知識のある人だけ参考にしてください

方位 西

星座 夜の獅子座0°〜10°

元素 火

惑星 木星

天使 サチエル

色 ピンク

魔術

→悪魔の紋章←

月が満ちていく期間(新月から満月に向かう時)の火曜日か土曜日の夜にこの儀式を行います。

キャンドル3本を三角形に配置してその真ん中に香炉を置きインセンスを焚きます。キャンドルは普通の白いやつでよく、インセンスも普通のサンダルウッドあたりでいいです。

------------

(図)

  ●

●   ●

●=キャンドル

------------

悪魔クロセルの紋章の裏面に敵の生年月日と名前を書き、また目的(死ねとか…)を書きます。

キャンドルの真ん中にある香炉の手前に悪魔の紋章を置いて、ゲーティア本文にある悪魔をイメージします。

で、悪魔が三角形の中にいるところをイメージして、あなたの願いを悪魔に伝えてください。

敵に対する怒りや憎しみの感情をもうこれ以上は絶対に不可能だというくらい極限まで高めてください。悪魔にあなたのネガティブな感情が染み込むところをイメージして、悪魔が紋章の中に入っていくところを強くイメージしてください。

敵がもう本当に洒落にならないくらい意気消沈して生ける屍と化し精神状態がぼろぼろになる様子を強くイメージしてください。

この儀式が終わったら、紋章を黒い布袋に入れます。

この悪魔の呪われた紋章を可能な限り敵の近くに置くようにします。例えば会社の上司であれば、机の中にこっそり入れておいたりします。



レメゲトンTOPへ
黒魔術の書TOPへ
(C)黒魔術の書