黒魔術の書 >レメゲトン >サブノック

名前

43.サブノック SABNOCK

ゲイティアの原文

43番目の悪魔はサブノックで獅子の頭をして武器を持った兵士の姿で青い馬に乗って現れます。

塔や都市を作り武装した兵士を配備します。またこの悪魔は敵の傷口を化膿させ蛆をわかせることが出来ます。

50の悪魔の軍団を率いています。

使い道

敵の僅かなケガも治らないようにしたり、人間関係をバラバラに引き裂き全面戦争に追い込むことが出来ます。

うざい集団を粉微塵にバラバラに引き裂く目的で使うといい悪魔です。本当にもう滅茶苦茶に出来ます。

以下知識のある人だけ参考にしてください

方位 西

星座 夜の双子座0°〜10°

元素 水

惑星 火星

天使 サマエル

色 青

魔術

→悪魔の紋章←

月が満ちていく期間(新月から満月に向かう時)の火曜日か土曜日の夜にこの儀式を行います。

キャンドル3本を三角形に配置してその真ん中に香炉を置きインセンスを焚きます。キャンドルは普通の白いやつでよく、インセンスも普通のサンダルウッドあたりでいいです。

------------

(図)

  ●

●   ●

●=キャンドル

------------

悪魔サブノックの紋章の裏面に敵の生年月日と名前を書き、また目的(死ねとか…)を書きます。

キャンドルの真ん中にある香炉の手前に悪魔の紋章を置いて、ゲーティア本文にある悪魔をイメージします。

で、悪魔が三角形の中にいるところをイメージして、あなたの願いを悪魔に伝えてください。

敵に対する怒りや憎しみの感情をもうこれ以上は絶対に不可能だというくらい極限まで高めてください。そして憎き集団が全面戦争になり血を血で洗うようなもう本当に醜い争いが起きて木っ端微塵に砕け散る様子を鮮明にイメージしてください。

悪魔にあなたのネガティブな感情が染み込むところをイメージして、悪魔が紋章の中に入っていくところを強くイメージしてください。

この儀式が終わったら、紋章を黒い布袋に入れます。

この悪魔の呪われた紋章を可能な限り敵の近くに置くようにします。例えば会社の上司であれば、机の中にこっそり入れておいたりします。



レメゲトンTOPへ
黒魔術の書TOPへ
(C)黒魔術の書