黒魔術の書 >魔女の呪い >敵を呪殺する魔術

敵を呪殺する魔術

ずばり殺害の魔術です。あなたがもしいじめにあったり、苦しめられてもうどうにもならないところまで追い詰められたら、呪殺を考えなければなりません。

やる前に、敵が真に死すべき人間かを良く考えてから実行してください。

用意するもの

1.ブラックキャンドル1本

2.ドラゴンの血のわら

3.レモン1個

4.ナイフ

5.塩

6.赤い糸

7.香炉

*用品はネット上のオカルトショップで入手してください。

魔術のやり方

月が満ちていく期間(新月から満月に向かう)で満月に近い火曜日の夜に実行します。 出来れば月が火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)にある時が望ましいのです。

ブラックキャンドルに火を灯します。

香炉にドラゴンの血のわらを燃やします。

用意しているレモンにナイフで敵の名前を刻みます。

レモンに水をかけ、次に塩をたっぷりすり込みながら、敵が苦しみながら無残な死に方をする様子を鮮明にイメージしてください。

敵が苦しんで死んでいくイメージをもうこれ以上は無理というくらいまで駆り立てながら、敵の名前を9回呼びます。

もう本当にこれ以上は絶対に不可能というぎりぎりまで憎しみと恨みの情を駆り立てながら頂点に達したらレモンに右手の5本の爪を立てます。爪をレモンの中まで突き通すようにしてください。

敵がもう本当に地獄の苦しみを味わい死んでいく姿を細部にわたるまで鮮明にイメージしつくしたら、レモンに赤い糸をぐるぐる巻きにします。

そしてそのレモンを赤い糸で窓の下に吊るします。

レモンが腐るかあるいは干からびた時、敵は非業の死を遂げるでしょう。


魔女の呪いTOPへ
黒魔術の書TOPへ
(C)黒魔術の書