黒魔術の書 >簡単な黒魔術 >不吉なことが起きる魔術

不吉なことが起きる魔術

この黒魔術は簡単にできますが、簡単なだけにあなたの憎しみ怨念の強さ、及びイマジネーションが重要となります。この魔術は呪殺の魔術ではなく、敵に不吉なことが起きたり悪夢に悩まされるようになったりする魔術です。ただ極まれには事故にあったりして逝っちゃう場合もありますのでご了承願います。

用意するもの

1.キャンドル何本か適量

2.グラスキャンドルを作る為のグラスまたは空き缶

魔術のやり方

この黒魔術は月が欠けていく土曜日の夜に始めますがキャンドルはその日でも事前に作っておいても構いません。

空き缶かグラスにキャンドルを溶かして流しこみキャンドルを作ります。

当然中心には芯を置いてください。

このキャンドルの中には敵の持ち物を細かく切って可能な限り均等に混ぜて作るようにします。

キャンドル作成中は敵に対する憎悪、憎しみ、怨念、怒り、敵意といった悪感情を思い浮かべながら作ります。

出来上がったキャンドルをテーブルか何かの北側に置いて火を灯します。

キャンドルの前に座りネガティブな感情を更に高めてください。

そして、死ね豚とか何でもいいのですが下品で薄汚い言葉を思い付く限りキャンドルに吐きかけてください。

この儀式を終わりの数字である9日間続けて最終日はキャンドルを燃やし尽くしてください。

キャンドルの燃えかすなどは薄汚い寂しい場所にほっぽり投げ唾を吐きかけてください。

敵に何か凶事が起こるまで月が欠けていく土曜日の夜からこの魔術を繰り返してください。


簡単な黒魔術へ
黒魔術の書TOPへ
(C)黒魔術の書