黒魔術の書 >黒魔術の心得 >黒魔術の種類


黒魔術は普通、敵に見立てた人形、キャンドルなどを敵の写真や髪の毛、あるいは持ち物などを詰め込んだりして敵と同化した後に危害を加え

邪悪な呪文を唱え

敵に起きる被害を強くイメージして

死に相応しい場所、例えば墓地などに捨てる、あるいは薄汚い場所に捨てて完結するという流れになります。

ウィッチクラフト(魔女術)やブードゥー教の魔術はほぼこんな感じになります。

また東洋の呪いもおおむねこういった流れになりますので普遍的な黒魔術の原理と言ってよいでしょう。


もう一つは悪魔を召喚して、こうして欲しいという命令を悪魔にして敵に送りつける儀式魔術と呼ばれるもので

具体的にはまず防御の為に魔法円を書き、神や天使を先に召喚してその後に悪魔を呼び出して神や天使の力で悪魔を使役するというのが一般的です。

ただこういった儀式魔術は非常に複雑でまた事前にそれなりの訓練を必要とするため当サイトではとりあえず省略しています。


以上

●敵に見立てた人形なりに危害を加える

●悪魔を召喚して悪魔に敵を滅ばしてもらう

という最もポピュラーな2つの黒魔術の原理を紹介しましたが

その他にも

●護符を使う

●性魔術を使う

など様々な方法があります。

特に性魔術は現代かなり広く使われている魔術で最も効果が高いと言われています。



黒魔術の心得TOPへ
黒魔術の書TOPへ
(C)黒魔術の書