ハーブを使った黒魔術

ハーブを使った黒魔術を2つ紹介します。1つ目がギニアペッパーでもう1つがバレリアンです。これらのハーブは悪魔に捧げるために用います。

ハーブを使った黒魔術は他項目でもいくつか紹介していますが

基本的に黒魔術は悪魔が代行しますので何かしらの捧げものがいるわけです。

悪魔とは

自分の内に潜むネガティブな感情を擬人化したものだと言われていますが定かではありません。

白魔術・黒魔術を問わずハーブがよく使われますが、基本的には生け贄だと思って頂ければだいたい間違いありません。

魔術には何かしらの形で生け贄が必要になりますが、人間を含む動物・植物の何れかでよく欧米では植物(ハーブ)を生け贄として使います。

ハーブの効能についてはよく知られいますが魔術的な使用法はほとんど知られていません。

このサイトは黒魔術のサイトですから黒魔術しか紹介しませんが、ハーブはもちろん黒魔術より白魔術によく使われます。

ギニアペッパー

敵に様々な打撃を与えるために用いるハーブです。基本的には呪殺の目的に有効なハーブです。もちろんギニアペッパーが邪悪なハーブというわけではありません。

使い方によって邪悪の力を引き出すことができるということで、ギニアペッパーには密かに邪悪な力が秘められているんです。

■用意するもの

1.ギニアペッパー

2.小さなビン(薬のビンを使うといい)

3.小さな紙

4.ペン

5.ブラックキャンドル

6.お酢

■魔術のやり方

まず始めに小さなビンにギニアペッパー・お酢・敵の名を書いた紙を入れてください。

金曜日の夜ジャスト0時にブラックキャンドルに点火して、用意している呪いのビンを13回振りながら次の呪文を13回唱えてください。

お前を絶え間なく何時も呪ってやる

お前の心は迷い、永遠に苦悩に苛まれるだろう

お前の骨は痛ましく折れるだろう

お前の肉体は腐って無限の苦しみに苛まれるだろう

以上が終わったらビンを持って墓地に行き逆さまに埋めて来てください。

13日以内に敵に災いが起こります。

バレリアン

バレリアンは黒魔術ではよく使われるハーブです。もちろんギニアペッパーと同じようにバレリアンが危ないハーブというわけではありません。次のような使い方をすると、とっても邪悪な働きをしてくれる素敵なハーブなのです。

様々な使い方があるんですが、ここでは最も簡単な使用法を紹介します。

この簡単な方法で敵を不眠症にすることができます。

■用意するもの

1.バレリアン

2.赤い羽

3.赤い小さな布袋

■魔術のやり方

バレリアンと赤い羽を赤い布袋に入れ、敵の寝室に隠してくるだけでいいのです。投げ込んでもいいです。

この敵の寝室に隠す部分だけは少々難しいかも知れませんが、何とか工夫して隠して来てください。

黒魔術

黒魔術からの防御

カオスの黒魔術